うつ病を改善したいと思っている人は、今からでもウォーキングを始めてください。 ウォーキングをすることによって、効果的にうつ病を改善できます。 では、どうしてウォーキングがうつ病にいいのでしょうか? それは、ウォーキングをすることで、セロトニンを増やすことができるからです。 うつ病は脳内のセロトニンという物質が減少することによって、起きるといわれています。 だからこそ、セロトニンを増やすために薬を服用するのですが、薬には副作用があります。 その副作用の影響で正常な生活を送れない場合もありますが、ウォーキングには副作用がありません。 しかも、ウォーキングをすることによってストレスの発散になりますし、健康にも良いです。 さらに、決まった時間にウォーキングをすることで、規則正しい生活習慣に戻すこともできます。 このように、ウォーキングには様々な効果があるので、うつ病に悩まされている人は試してみてください。 ただ、無理に長時間やる必要はなく、1日に30分〜1時間程度で十分です。 毎日やるのが理想ですが、天候が悪い日や気分がのらない日は休んでもかまいません。 できる範囲で少しずつやっていきましょう。